口臭予防に効く歯磨き粉ランキング

口臭予防におすすめの歯磨き粉を紹介します。

 

「最近なんだか口の臭いが気になる・・・。」と感じ始めた方、口臭予防の第一歩はズバリ毎日の歯磨きにあります。歯磨きによる日々のケアをしっかりと行うことが清潔感ある口臭を手に入れるのに重要なことです。

 

当サイトは口臭予防に最適ななたまめ・プロポリス・天然ハーブなどの有効成分を配合した口臭予防専用歯磨き粉を掲載しています。どうぞ参考にしてください。

 

オーラパール 口臭・歯周病・黄ばみ

オーラパールは、口臭予防をはじめ、歯周病対策や歯の黄ばみ除去などトータル的なオーラルケアが可能な薬用歯磨き粉です。

 

臭いの原因となる菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールやヤニ、コーヒーなどによる歯の黄ばみなどにアプローチするハイドロキシアパタイトといった有効成分など多数配合しています。

 

オーラパールは口臭予防・歯周病予防・ホワイトニングに効果を発揮するスーパー歯磨き粉になります。

 

価格 主成分 おすすめ度
初回限定1944円 ハイドロキシアパタイト

9種有効成分配合

 

プロポデンタルEX

プロポデンタルEXは、口臭の原因となる歯周病を予防する歯磨き粉です。

 

殺菌効果の高いプロポリスを主成分とし、歯科医が3年にわたる臨床試験の結果生まれ、歯周病以外にも歯肉炎や口臭の悩みにもしっかりアプローチする歯磨き粉になっています。

 

価格 主成分 おすすめ度
初回限定セット1500円 プロポリス

 

マスティック&アロマ

マスティック&アロマは、口臭の原因にアプローチする天然ハーブの力を配合した歯磨き粉です。

 

口に良いハーブ成分がたっぷりだから口臭だけでなく歯茎のマッサージジェルとしても効果的。まるでお口エステのような感じでお使いいただけます。

 

価格 主成分 おすすめ度
お試しモニター1000円 天然ハーブ

 

なたまめ歯みがき

なたまめ歯みがきは、気になる口臭もスッキリ解消!1日中爽快感が持続すると評判の歯磨き粉です。

 

厄介な口臭や口のネバつきの原因となる老廃物を「なたまめ」きれいさっぱり洗い流します。また、市販の歯磨き粉によく含まれる合成界面活性剤など余計な科学成分は含まれていないため、安心・安全にお使いいただけます。

 

価格 主成分 おすすめ度
通常1800円 なたまめ

 

口臭予防の第一歩は歯磨き粉

 

口臭予防のために日常的に対策をする場合、良き歯磨き粉を使ってデイリーケアをすることは必須と言っていいでしょう。

 

歯磨き粉の品質が口腔のしっかりとした洗浄をもたらすという面も無くもないですが、口臭面でも歯周病予防面でも歯磨き粉の洗浄成分の効果よりブラッシングの効果のほうが影響がずっと大きいので、しっかりとブラッシングをさせる歯磨き粉がより適していると言えます。

 

多くの歯磨き粉は泡立ちが良く、また歯磨き後に清涼感を感じるようなテイストが付けられています。

 

しかしながら、雑菌や歯周病菌を全て排除できるような殺菌作用は歯磨き粉にはありません。ですから、いくらスッキリしてもしっかりとブラッシングをしていなければしっかり歯磨きをしたとは言えません。泡立ちやミントの爽快感などは、基本的に十分なブラッシングの妨げとなると言えます。

 

歯そのものに対する改善効果が認められる歯磨き粉の成分はフッ素ただ一つと言われており、再石灰化を強く促すフッ素以外の成分は気分的なものに過ぎないため、歯の健康を考えた場合は泡が立たずミントなどの味もしない、シンプルなフッ素配合の歯磨き粉が勧められます。

 

泡が立たないためしっかりとブラッシングしないと歯を磨いた感覚が得られないでしょう。そこが歯の健康に役立つのです。

 

口臭対策を考える場合はさらに、歯茎を引き締めたり膿を排出させる植物由来成分、例えばなたまめの成分などが含まれるものを使うとより効果的です。

 

歯磨き粉以外の口臭予防対策は?

 

口臭は人のイメージを大きく左右してしまう要素であり、いくら外見がしゃんとしていても、口が臭かったらそれだけでイメージ最悪だと思う方も多いでしょう。口臭予防のための基本的かつ根本的な対策はやはり歯磨きですが、歯茎の状態が悪かったり歳を重ねると、歯磨きからの時間が長くなると口の中が汚れていなくても臭ってくるものです。

 

外出中に口が臭ってきてしまったらどうしますか?歯磨き以外にも手軽にできる口臭対策グッズなどを携えておくと、どんなときでも安心して人と接することができます。

 

まず、最も手軽な対策がガムを噛むことです。わざわざ事前に用意していなくてもガムならコンビニで100円で買えますし、臭い対策をしていると周りに悟られないのも大きなメリットと感じるかもしれません。

 

においの原因にもよりますが、口腔が乾くことで臭っているならば十分な効果が期待できます。臭ってきてから噛むのでもいいですが、長時間口にものを入れられないときは、口が渇かないように予防的にガムを噛むのも非常に有効です。

 

ガムと同じく、洗口液・洗口スプレーなどは手軽な対策グッズとして広く使われています。これらには除菌・抗菌作用を有する成分や保湿成分が含まれるため、ガムを噛むよりは多少持続性に優れます。

 

その場での対策ではなく、口臭を元から絶つ方法としてはサプリメントもあります。サプリメントの優れた点は、体内で発生するにおいの元に作用するため、口臭だけでなく体臭の予防も兼ねることができます。